ボタニスト 泡立たない

天然由来でパッケージもシンプルでお風呂場にあると可愛いとして話題の
ボタニストシャンプー。

 

確かに天然由来の成分が配合されているのですが、
肌にやさしい系シャンプーにありがちなデメリットが有るのです。

 

それは、シャンプーが泡立ちにくいというポイントです。

 

なぜ泡立ちにくいのかというと、
頭皮に刺激を与えないように、
洗浄力が比較的弱い洗浄剤がメインで使われているのです。

 

結果、泡立ちにくいので、
頭皮の脂もとりきれないため
頭皮のにおいやにきびなどにつながってしまう可能性もあるのです。

 

その中でも、一番しっくりこないのは、
頭を洗ったあとにさっぱりしないというところですよね。

 

シャンプーをしたら、さっぱりとすっきりとさせたいですよね。

 

しっかりと泡立って、もっとさっぱりと軽く仕上がるシャンプーを使いたいのであれば、
洗浄剤で選ぶのがポイントです。

 

その洗浄剤はアミノ酸という洗浄剤です。

 

このアミノ酸洗浄剤は
・しっかりと泡立つ
・軽く仕上がる
・さっぱりと仕上がる
・頭皮にやさしい
・べたつきにくい

 

という特徴があります。

 

ボタニストはアミノ酸洗浄剤も入っていますが、
メインになっているのはベタイン系などと呼ばれるものですので、
【アミノ酸系のシャンプー】には分類は難しいんですよね。

 

>>アミノ酸シャンプーのボタニカルシャンプーがあるってほんと?